« ヤングアニマルNO.19 | トップページ | イブニングNO.20「恋風」 »

2004.09.28

ガンガンパワード秋季号「これが私の御主人様」(修正版)

ちょっといろいろ前回の感想から修正を加えました。

・ドラマCDのキャストがそのままアニメに移行だそうで(既に知ってましたが(笑)
 「ラブひな」「美鳥の日々」みたいにドラマCD自体がアニメのプロモ的な感じ(つまりアニメ化前提でのドラマCD)でキャスト不変ってのはよくある話ですが、今回のケースはどーなんだろ?

・1ページ目神様のイメージ、バドガールいるわ、小松くんいるわ、釣り竿いるわ、作者のマスコットキャラいるわ、(゜⊇゜)ガイジソーいるわでネタのオンパレードですか(笑)。あとコーヒー缶SMKには(謎笑)(オフネタまで使ってきますか(^^;)
 ところで扉絵、またバドワイザー衣装ですな(私も一緒に行きましたがな(笑)

・いずみちゃんってしっかりしているキャラかと思いきや、実はドジっ娘キャラだったのか?。ラストでのツボ割りもフツーありえねー(笑)
 でもいずみちゃんのキャラにドジッ娘はマッチしないような気がする。

・それにしても今回は義貴の鬼畜ぶり&いずみちゃんの悲劇のヒロイン道まっしぐらぶりが更にグレードアップしているような・・・
この作品、確かにギャグマンガと銘打っているとはいえ、1巻にちょろっとでたラブコメ風仕立てもたまには見てみたいな~なんて思ってたりしてたんですが、今回の話でそれは難しいと思いました(苦笑)・・・義貴、それだけ鬼畜ぶりを発揮したらそりゃ死ぬ間際でも断られるわな。
・・・あ、よく考えたら一応この作品にもラブコメ要素ありましたね。いずみちゃんと安奈ちゃんのカップリング(爆)

・しかし今更ながらみつきちゃん、沢渡夫婦、ちょっと思考回路イカれすぎ(苦笑)
 実の娘とアダムとイヴになるなんて正気で言っている父親はアリですか?
 夫の首をマジでしめる妻はアリですか?
 身内が強姦されそうになるのをワクワクしながら見ている母&妹はアリですか?
 みつきちゃんには、いつもの逆パタでどれだけお姉ちゃん思いなのか一度確かめさせてみたい。
 みつきちゃんのお姉ちゃんを心配しているマジ顔を一度でいいから見てみたい。

 こんな家族見てると「恋風」の耕四郎がすごくマトモに見えてきます(笑)
 
・ベリーメロン、若本つながりのガッシュネタですか(笑)
 どーでもいいですがその若本氏が歌っている「ベリーメロン」は名曲ですな>よく聴いてたり

・義貴と沢渡父の必殺技、相変わらず元ネタわからないだらけ・・・(汗)
 とゆーかこの作品、わかりにくいパロネタ多すぎ_| ̄|○
 「かってに改蔵」の方がまだわかりやすかったぞー(ぉ

・アニメ化前に最終回だったらホントに面白いのになぁとかふと思ってみたり(ぉ
 でもアニメオンエア中に最終回とかアニメ終了直後に最終回とか結構ある話なんだよね(ぉ
 とゆーかいずみちゃんはともかく、ポチ問題で実家を出たみつきちゃんが義貴邸を出る理由はないような?(^^;)
 あとラストの義貴の涙は嬉し涙?悲し涙?


それからポストカード萌えでした(^^)。でもいずみちゃんは実体じゃなく人形ですか(^^;)
この作品のヒロインはホントにいずみちゃん?(笑)

|

« ヤングアニマルNO.19 | トップページ | イブニングNO.20「恋風」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンガンパワード秋季号「これが私の御主人様」(修正版):

« ヤングアニマルNO.19 | トップページ | イブニングNO.20「恋風」 »