« アニメ感想「G☆A」(最終回) | トップページ | 本日朝のつぶやき »

2004.10.02

アニメ感想「ハガレン」(最終回)

【鋼の錬金術師】
なんか話が進むにつれてストーリーが難しい方向に行って頭がゴチャゴチャしてきたので、いろいろ頭の中を整理しながら最終話を見たら、ある程度納得のいく終わり方だったように思います(少々都合良すぎな所もあった気がしますが(^^;)

しかしそれは「完全に話が完結している」という前提であって、来年夏に映画があるわけですよね。
もし映画版がTVシリーズの続きだとすると

・エドは扉の向こうの世界の住人で錬金術が使えないという設定ですか?
・アルは鎧姿ではなく元の姿という設定ですか?

・・・なんか設定グチャグチャだー(;´A`)。これだったら映画なんかいらないじゃん。

あと、マスタング大佐の左目の大総統ばりのアイパッチも妙に気になります。確か左目付近は怪我をしてなかった筈。

・・・まさか大佐は大総統の最強の目を手に入れたんですか?(汗)

この仮説が当たっていて、これも映画版の設定に盛り込まれていたら、ますますグチャグチャな設定だー(;´A`)


・・・ところでプライドって結局何者だったんだろ?一度でも姿を見せたっけ?

|

« アニメ感想「G☆A」(最終回) | トップページ | 本日朝のつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想「ハガレン」(最終回):

« アニメ感想「G☆A」(最終回) | トップページ | 本日朝のつぶやき »