« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

ただいま帰省中

昨日(30日)実家(大阪)に帰省してきました。
帰省途中にTBS主催のコスプレ喫茶に寄ろうかと思ったんですが、御主人様プロモアニメを流さないという情報が入ってきた事と前日の冬コミでの筋肉痛が残っていたため、寄らずにさっさと帰阪しました(苦笑)


で、その冬コミ。
ハッキリいって最悪でした_| ̄|○


今回は10日位前に突然いける状況になった事もあって事前にサークル情報が得られなかったので、夏コミで味をしめたコスプレ撮影にしぼりました。
・・・が、ご存知の通りその日は雪が降っていて、そんな状況下にも関わらずコスプレ広場はなんといつも通り屋外で開催されたのですよ(;´A`)
おかげさまでコスプレ撮影はもはや寒さとの戦いと化してました(苦笑)

おまけに雪は一向にやむ気配がなく、もう傘なしではとてもじゃないけどもたない状況。
12時過ぎくらい広場に到着した時なんか、すっげーガラガラで「今からでもサークル周りに変更しようかな」と思ったほど(苦笑)
まぁそれでも12時半過ぎくらいから急に人口密度が上がり始めましたけど、上がったら上がったで今度は傘がぶつかりまくる始末(;´A`)
で、時間が経つにつれ体も限界に近づいてきて、そろそろ広場を立ち去ろうかなと思うも、次から次へと新しいレイヤーさんが来られるので去るに去れず、結局2時間半ほどコスプレ広場におりました(苦笑)

ええ、言うまでもなく靴はグショグショでしたよ(;´A`)
疲れと寒さで極限状態の上、目当てのキャラコスがあまりなかったので正直辛い冬コミではありましたが、それでも中にはツボをついたコスプレが拝見できてそれなりには楽しめました(なんだかんだで20枚近く撮ってたし)
でも来夏からコスプレ撮影は有料の登録制になるみたいなので、ちょっと考えちゃうかな。

で、冬コミ後は同伴された方のお買い物付き合いに秋葉原→夕食→カラオケコースへ。
カラオケは約半年くらい行ってなかった事もあり、溜まりに溜まった歌いたい曲をある程度歌えてこの日一番幸せな時間帯を過ごしました(爆)
・・・それでもまだ10曲近く歌いたい曲が残っているんですけどね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.28

アニメ感想「スクラン」

【スクールランブル】

今回はA,Bパートが海編の続き、C,Dパートがショート物という構成で。
もともと原作のスクランはマガジン本誌とマガスペの両方に連載していて、ここまでマガスペ版(いわゆる1話ショートもの)があまりアニメになってないから、ここら辺でいっきに裁いてきたって感じでしょうか>C,Dパート
しかしA,Bパートがギャグもの、Cパートが回想感動もの、Dパートが静寂シンミリものと、いかにもこの作品らしいジャンル多様な回でしたな(笑)
とゆーか、どのキャラをメインに置くかによって話の色が変わってくるといいますか(^^;)

とりあえず今回はAパートの播磨-天満ちゃん話が一番の見所だったかな。
好きな人相手に告白の練習って・・・(^^;)。それはもうぶっつけ本番以外何者でもないかと(爆)
しかしどー考えても播磨に気があるよーに見えない天満ちゃんがここまで播磨に協力的なのは何でだろう(^^;)・・・それがこの作品らしいところなのかな(笑)

あとCパートを見る限り美琴は花井に気があるよーに見えそうだけど、実はそーじゃないってのもこの作品らしいところで(笑)
しかしいじめられっ子からすっかり濃いキャラに変貌しましたな(爆)>花井


ところで次回から本格的にかれんちゃん登場っすよ、いやっほぅヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.27

アニメ感想「げんしけん」(最終回)

【げんしけん】

以前同作品の印象を「オタクな人達の青春群像劇」とおっしゃってた方がいて、当時は同作品を「オタク系作品」という概念で捕らえていたせいもあってピンとこなかったんですが、最終回にてやっと理解できたような気がします。
まぁなんてゆーか、笹原といい咲といい加奈子ちゃんといい(あとその他大勢(笑)、方向性こそ一般なソレとは違えど(笑)青春してるなぁっと、作品全般を全て見終わった後でふと思ったわけで。

とりあえずはアニメ版「げんしけん」は1クールをうまくまとめたなぁって印象です。
咲ちゃんも非オタクで一人浮いていたキャラだったのが、最後にきて自分のポジションを見出せたといいますか。
とにもかくにも面白かったです。これで心置きなく原作に手が出せますな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.26

アニメ感想「コナン」2hSP「甲子園の奇跡!見えない悪魔に負けず嫌い」

【名探偵コナン】

やっと今しがた2hSPを見終えたところです(汗)。やっぱり正月にオンエアしてもらった方がリアルタイムに観れてよかったなぁ・・・(;´A`)

で、今回の2hSP。観る前は「冬なのに夏の甲子園ネタってえらい季節外れちゃうん」とか思ったものですが、観始めるとそんな事ちっとも気にならなくなりました。
やっぱりコナンの2hSPは、通常の30分版とはまた違った雰囲気(ワクワク感とかドキドキ感)を醸し出しているといいますか、とにかく全ての面でクオリティが素晴らしく毎回グイグイ引きこまれるように見入ってしまいます。
流石に2hSPに限ってはスタッフさんの力の入り方が違うなぁと毎年観ていて思っちゃいますね。

詳細な内容は原作である程度知っているので割愛しますが(ぉ、このSP独特の雰囲気を毎回感じれるからコナンファンはやめられないよなぁと改めて思いました(映画も同様)
年1回でもハイクオリティな話が観れるのならコナンはずっと続けて欲しいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンガンパワード冬季号「これが私の御主人様」

アニメ作画・・・思ったより違和感がなくて一安心。
(でもいずみちゃんがちょっと釣り目っぽいせいか、この作画だけ見るとタカビーなキャラに見えちゃいますけど(^^;)
これくらいの作画のクオリティを最後まで続けてほしいものです(苦笑)
・・・で、EDはやっぱりとゆーか、予想通りメイド3人娘ですか(笑)


で、本編。
今回はドラえもんネタ(50円とアイスの交換)と2chネタ(32P4コマ目)が笑えました・・・つーかどっちもわかる人にしか笑えないネタですが(^^;)
新キャラの多可美は「ガールズザウルスDX」の鶴舞栞を連想してしまいました>ってわかる奴いるのかよ(^^;)
・・・といってもこーゆータカビーなお嬢様系キャラってどこにでもいそうですけど(笑)

みつきちゃんが勝負を引き受けた時には「お、いつもと違う私好みの展開か!?」とか思ったものですが、いつもの如くいずみちゃんに勝負を任せての見事すぎる司会者っぷりには「結局お前はやらんのかい!」とツッコミを入れてしまいました(笑)

いずみちゃんとみつきちゃんの眼鏡姿は思ったより萌えでした(爆)。つーか、ここってフツーに眼鏡っ娘萌え読者を意識したくだりなんでしょーけど(^^;)
あと今回でみつきちゃんのキャラ付けがS属性&黒系で確定的になったような(笑)
まぁ個人的にはそれでも別にいいんですが・・・もーちょっと姉想いにならんかなぁと>ムリ(爆)

義貴と安奈ちゃんは・・・出番が少ない割にはいつも通りな印象かな(笑)
しかし三角木馬はやりすぎだろうて(^^;)。少年誌ギリギリのラインだなぁ(汗)
そーいや作者のHPで来年新連載をやるとか書いてあったけど、今やってる連載を終わらせてから新連載になるのかなぁとふと思ってしまいました。
まぁアニメが終わった直後に原作自体も終わらせるってのはサンデーなんかでよくやるパターンですし、この作者が仕事を掛け持ちするとはなんか考えにくいし(ぉ
(って事はこの作品読めるのはあと3,4話なのかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.25

ヤングアニマルNO.1

【ああ探】
やーっとストミュー編終わりましたか。長かったなぁ。
しかしラストはえらいぶっ飛んでましたね(^^;)。やれ「処女ささげます」だの「俺の子供育てる覚悟あるかい」だの(苦笑)
そーいや涼子ちゃんの「信じていいのかしら」発言は微妙に妻木探偵へのラブフラグが含まれていそうですな。

【藍青】
表紙とは裏腹に内容はどんどん過酷な方向へと。
よもや閉館するとは思ってもみませんでした。薫弟、やる事がえげつなすぎる(--#)
・・・で、こーゆーハラハラするヒキで終わらせといて次の掲載は2月掲載ですか。読者ヤキモキさせすぎ(汗)

【ゆびミル】
幼馴染、クラスメイト、親友に続いてどうとう姉貴にまで手を出しますか?(^^;)>由紀
やー、なんてゆーか節操ないことこの上ないとゆーか(と書くと過言かもしれませんが)
ってゆーか、彼は(男女問わず(笑)人を虜にする才が備わっているのかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

アニメ感想「ローゼンメイデン」(最終回)

【ローゼンメイデン】

結局は5対1という戦隊ものの悪役とヒーロー隊の構図みたいな感じになっちゃいましたね(苦笑)
しかし水銀燈って作りかけの上にミーディアムがいないのに、真紅達は4体束になってもかなわなかったんかい(^^;)
これで水銀燈にミーディアムがいたらすごい最強キャラになってたんだろなぁ・・・

今週も気弱な表情をみせる真紅は萌えでしたが、気弱な表情をみせる水銀燈もまた萌えでした(笑)。ホントに普段高飛車なキャラの弱い一面を見るのが自分は好きだなぁとつくづく痛感した次第であります(^^;)
まぁ水銀燈は役柄上悪役といえども、境遇を知ってしまえば同情の余地はありますし。

作中、真紅とジュンのラブシーンがありそうなフラグが立ちまくってましたが、結局何もなかったですね。
まぁ人間と人形だし、真紅はジュンを家来扱いしているし(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勘弁してくれ・゚・(ノД`)・゚・ 

最近むちゃくちゃ多忙です。
今日帰宅したのが日付変わる15分前。晩飯食い終わったら日付変わってました(;´A`)
帰宅してからようやく本日(23日)が世間では祝日である事、明日はクリスマスイヴでヤングアニマル&ガンガンパワード発売日だって事に気付きました(苦笑)
今行っている会社って残業規制しかれてなかったっけ?なんか「残業規制?何ソレ?」って空気が漂っているんですが(;´A`)
つっかこのクソ忙しい時期に携帯にスパムメールがやたら来るのは何かの嫌がらせですか(汗)
唯一の救いは先週1週間ひきつづけた風邪が復調傾向にあることでしょうか(まだ咳が若干残ってますが)

まぁそんな訳で未読の雑誌やらコミックやら聴いてないドラマCDやら観てないアニメビデオやら溜まっている次第です。コナンの2時間SPはいつになったら観れるのやら・・・(⊃Д`)
こんな状況なもんでPSPやDSなぞ買ってる暇もやっている暇もありゃしません(まぁ興味自体ないのですが)
そんな暇があるなら、「頭文字D4th Stage」2,3巻、「せんせいのお時間」3,4巻、「ニニンがシノブ伝」1巻、「恋風」4巻DVDをレンタルして視聴しまくってます(爆)

・・・こんな文章書く暇があるならさっさと寝ろって感じですが(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

アニメ感想「スクラン」

【スクールランブル】

・今回の冒頭「すこーしらんぶる」みたいなのがあると、やっぱりタイマー録画は6時キッチリに設定してよかったと思いました(^^;)
 まさしく先週の教訓が活きた一例ですな(笑)

 ・・・しかし新刊に載っていたショートマンガがいきなりアニメになるとは思わなんだ(^^;)

・花井も眼鏡とると播磨同様カッコいいのね。いっそコンタクトにしたら絶対モテると思うんだけどなぁ。
 まぁ八雲一筋だから、彼にとっちゃモテても意味なしか(笑)

・で、今回の最大の見所は播磨と沢近かな?(笑)
 でもBパート途中で二人の接点がなくなってしまって、もうちょっとこじれるところが観たかったなぁ。
 因みに来週の見所は間違いなく播磨と天満ちゃんでせう(笑)。Cパートの今鳥と美琴は思ったほど(以下検閲削除)

・それにしても女性陣4人、天満ちゃんの貧乳ぶりがむちゃくちゃ際立つんですけど(^^;)
 それとも他の3人が巨乳すぎなのか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.19

サンデーGX1月号

サンデーGXの感想書くのは初めてだな(^^;)

【こばと(仮)】
CLAMP先生、ヤンマガ、週マガに飽き足らず小学館にまで手を染めますか(^^;)
しかも「HOLIC」の映画化、「ツバサ」のアニメ化が決まっていてどー考えても多忙な時期に、また新連載をおこすなんて凄すぎるなぁ(その代わり休載も多いけど(笑)

で、内容。結構面白い。個人的にはヤンマガや週マガに載っているのより好きな系統。
多分ずっと読んでいるでしょう。しかしタイトルの(仮)ってなんだそりゃ(^^;)


【貧乏姉妹物語】
あらためて設定を見直してみると母親が他界、父親が3年前から蒸発して姉妹(15歳、9歳)二人で生活してるんですよねぇ・・・
これってフツーに生活費どうしているんだろうと思ってしまいまする(^^;)。今回の話できょうがバイトしてるので、やっぱりきょうが生活費を稼いでいるのかな~と思いきや臨時バイトだし(^^;)
(途中から読んでいるので、どっかでフォローしている話とかあるかもしれませんが)
まぁ「ハヤテ」「御主人様」の主役キャラも大概悲惨な境遇だけど、両作品は住み込みだからある程度生活費は保障されてるわけだし、そゆ点では「貧乏姉妹」はリアルに二人の苦労がにじみ出てきます。

でもそーゆー境遇の割りに、読み終わると心温まるんですよねー
今回の話も心温まりましたです。なんか不幸な境遇とかってあまり感じさせないところがこの作品のいいところかも。

そして来月は表紙&巻頭カラーですか。すごく出世しましたねー。
この分だとメディア化も期待できるか?(いや、その前にコミック1巻ですね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想「あたしンち」

【あたしンち】
どうやら今回が今年最後のオンエアらしいですよ。

「ベア研のクリスマス」

・「カラオケ天国」みかんちゃん生ライブキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!(笑)
 作中頻繁にBGMで流れる同曲ですが、よもやみかんちゃんが歌うシーンが観れるとは思いもよりませんでした(⊃Д`)カンルイ
 今回はこれだけで もうおなかいっぱいですよ(笑)・・・欲をいえばもうちょっと振り付けのバリエーションがほしかったかな(ぉ
・「プレゼント交換に手作り品はまずい」は偏見じゃないかなぁ。
 最終的に値段の帳尻あわせで手袋つけたわけだし額に収まれば別にいいじゃん・・・と思う私でありました(^^;)


「ユズ、年賀状をかくっ」

・鯛の絵ひとつでも侃々諤々できるタチバナ家って、いい意味でも悪い意味でも騒がしい家庭だなぁ(笑)
・ってゆーか、絵文字の年賀状ってのもなぁ・・・まぁ中学生の親友宛ならアリかな?
 それに「めでたいや」より藤野の「おめでとう」の方が年賀状的にしっくりくるような。
・そーいや年賀状は何年書いてないだろう・・・PC買ってから年賀メールって手もあるし(^^;) (もともと筆不精ってのもあるのですが。生息地もイマイチ安定してないし(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.18

アニメ感想「ローゼンメイデン」

木曜深夜は他にも「神無月の巫女「舞HiME」を録画してますが、真っ先に観てしまうのがこのアニメだったりします(^^;)

【ローゼンメイデン】

最終回間際という事で、最終決戦パターンへ。
しかし予想通りというか、案の定真紅は水銀燈に押されっぱなしといいますか。なんか真紅は高飛車ぶりの割に口だけで大した事ないよな~って印象が(^^;)
つっか、今回含め一体何回水銀燈に手足を拘束されてるんだか。

予想通りといえば、水銀燈によって閉じ込められたジュンを救い出すのはノリだろうなぁと予想してたし、ウジウジしているジュンにビンタをかます展開も何気に読めてました(というかそうなりそうな空気ともいいますか(苦笑)
雛苺や翠星石達が真紅を助けにくるのもやっぱり予想の範疇。
真紅に関しても「そろそろこの辺で手足の1,2本くらいもぎ取られるんじゃないかなぁ」と思ったらやっぱり右手もぎとられたし、最後のジュンの勇者っぽい登場締めも読めてました。
まぁある程度王道な展開といったところでしょうか(違うかな?(^^;)

しかし右手もぎ取られて今までにない気弱な表情をみせる真紅は萌えでした。
なんとゆーか、ここ数年以前の自分では考えられないくらいクールなキャラが好きになってきたのは、時折見せる普段のクールぶりとは違う表情を楽しみにしているからなんだろなぁと思ってみたり。
まぁ右手もぎ取られた状況に萌えってのもアレですが(^^;)

・・・それにしても水銀燈のあの強さはなんなんでしょーか。話の展開からして彼女(?)にもミーディアム的な人間が存在してもおかしくないよーな気がしますが、マジでいないんですかねぇ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.17

今週のサンデー&YJ漫革

<サンデー>
【ガッシュ】
前々から思っていたことなんですが、昔と比べて明らかに絵柄が変わっているような気がしてならないんですが(;´Д`)
久々に鈴芽ちゃんみたけど何か別人に見えてならないです(汗)まぁ私が絵柄が変わったなぁと感じる時って、大概は目の書き方が変わった時なんですけど。
ウォンレイは微妙に潜入調査っぽい雰囲気が?

【コナン】
ま、予想通り一時的とはいえ丸く収まりましたかな。
作者が描きたいと言ってたロンドン編もまだですし、この話からいきなり最終章に行くとはとても思えませんでした。

とはいえ、何か都合よすぎる感もします(^^;)。ベルモットのフォローとか赤井の登場とか。
まぁフォローに使えるキャラはフルに使ってなんとか話をまとめたって感じですかね。

【ハヤテ】
思いっきり爆笑しました。いや、マジで面白いっす。
新キャラの咲夜、コテコテすぎて逆に笑えました。彼女のキャラは天然ボケのハヤテまで生かしますね。


<YJ漫革>
【死刑囚042】
まぁハッピーエンドにはならないであろう事は大方予想してて事実その通りになったのですが、042号がどれだけ周りの人達に愛されていたかが明確に描写されいたので、あまり凹むことなく読めました。
でも思えば053号もまだ更生しようがあった気がして、そういう描写がないまま他界しちゃったのはちょっとかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.15

最近ほぼ毎日blog更新してますが・・・

実は先週末からかかってしまった風邪が全然治ってなかったりします(;´A`)

日曜日に一旦治ったかと思われたのですが、次の日目覚めると喉がヒリヒリしてました(汗)
もう自分でもわかるくらい声枯れてます。喋るのも辛いくらい。
いつもは風邪を引くときは鼻づまりか頭痛から来るのですが、今回は何故か喉からきました(;´A`)
ただ喉以外はほぼ通常通りなので今のところ欠勤は免れてますが・・・根本的に風邪なので気を緩むとちとヤバめ(汗)。なんとか完治しないかなぁ・・・・

まぁそんな訳で本来なら今日はサンデーネタを書きたかったのですが、これアップしたら就寝します。
夜中1時くらいにまた起きてくるかもしれませんが(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想「スクラン」

【スクールランブル】

今回アバンタイトル取り損ね_| ̄|○(スクランは普段6:02からタイマー録画しているので)
スクランってたまにこーゆー事があるからなー。もう6:00ジャストからタイマー録画しようかな。
(まぁでも内容はほぼ原作と同じみたいなので別にいいかなって気も(笑)

それにしても一昨日のげんしけんといい昨日のコナンといい今日のスクランといい、真冬なのに立て続けに夏ネタとはこれまたいかに(笑)


・多分その他大勢の方も感じているかと思われてますが、天満ちゃんだけナンパされてないのは明らかにおかしいかと(^^;)。いや、あのかわいさならフツーにナンパされるのではと。
 コレはあれですか、いわゆる王道の鉄則ってやつですか(意味不明(笑)
・Bパートのオチ、原作なら笑うところなんですがアニメだと妙にハートフルな出来になっていて、笑うところなのか悩んでしまいました(^^;)
・Cパート、奈良も高野も気づいてそうな播磨の思いを当の天満ちゃんが気づかないのは天然なのか、烏丸ゾッコンで気づける心境じゃないのか(笑)
 まぁでも、客観的に見てあの窓際叫びで自分の想いがバレてしまったと考えるのはチト違うと思うぞ播磨くん(^^;)
・来週のサブタイ・・・Cパートはかなり苦し紛れだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

意外なつながり

【最初にお断り】
多分大勢の方にはおよそくだらない話かと思われます(^^;)


私の好きな漫画家さんの一人に椿あす先生がいます。
私の好きな漫画家さんの一人にかずといずみ先生がいます。
椿あす先生は「これが私の御主人様」を描いています(作画担当)
かずといずみ先生は「貧乏姉妹物語」を描いています。
「これが私の御主人様」には姉妹キャラが登場して、姉の名前は「沢渡いずみ」といいます。
「貧乏姉妹物語」にも姉妹キャラが登場して、妹の名前は「山田あす」といいます。

機転の利く方はこの段階で気づかれているかもしれませんが、ここに意外なつながりがある事を最近発見しました。
つまり


方や「いずみ」ちゃんを描く「あす」先生
方や「あす」ちゃんを描く「いずみ」先生


・・・おあとがよろしいようで((((((((((((((((((^^;)テテテテテ・・・
(両先生にこの記事読まれたらなんと思われるだろう(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

ガンガン1月号&ヤングアニマルNO.24

<ガンガン>
TVシリーズが終わっても相変らずハガレンを前面に出しまくってますねぇ(苦笑)。まぁ来夏の映画とか年末のイベントとかあるから当然といえば当然か。
しかし何気にガンガンはハガレン頼みになりつつあるよーに思えるのは気のせいでしょーか?
とか思えば、別誌(ガンガンパワード)の御主人様アニメネタも毎号載ってたりして、盛り上げるためには手段を選ばずといった印象も(苦笑)
まぁ現在、ガンガン系でアニメオンエアしている作品0という谷間の時期ですからねぇ・・・


・・・ところで「奇面組」、先月に引き続き、今月も休載ですか
新沢先生、ジャンプ時代に患った腰痛がまた再発したのかな?


【御主人様アニメ情報】
アニメのイラストって・・・それってアニメ作画って言いません?(^^;)
で、主題歌は奥井雅美さんだそうで。なんかOPの雰囲気が容易に想像できるなぁ(^^;)


【ハガレン】
ホーエンハイム、ドクターマルコーとも既にアニメで見ているので何か新鮮味に欠けるというか、アニメの復習をしている感じというか(^^;)
とにかく今回はストーリーの薄さが否めませんでした。まぁ敢えて挙げるならホーエンハイムの「酷い事が起こる」宣言が気になるところ。


【藍蘭島】
ドラマCD VOL.2がやっと出ますか。
前作のドラマCDに「VOL.1」と書いてあったから、いつかはVOL.2が出るだろうなと思ってましたが、まさか1年も空くとは思わなかったです(^^;)

前号まで立ちかかっていた行人-すずの恋愛フラグは、「家族」という言葉であっさりと片付けられましたとさ(笑)
ま、あわててフラグ立てなくてもダラダラ行くのもいいかなと


<ヤングアニマル>
【ああ探】
次号でやっとストミュー編完結・・・いやー、長かったなぁ(^^;)
しかし2年経っても妻木探偵と涼子さんの関係は変わらずですか(;´A`)

ところで話の後半から「BECK」っぽい雰囲気になってません?(笑)


【ゆびミル】
前半はおよそこの作品らしくない(笑)、青春マンガっぽい雰囲気で進んできて「おおー、路線変更かー?」と思いながら読んでました。

・・・が、水面ちゃんが絡んだ途端にいつもの雰囲気に(苦笑)
つーか「今一番したい事」の問いに「女装」って(;´A`)・・・まぁこの作品らしいですけど(笑)
しかし由紀の女装時の下着姿をみたいだの、女装とはいえ一応男性相手に下着の見せっこしようだの、水面ちゃんも段々デンジャラスなキャラになりつつあるなぁ・・・
まぁでもさすがに下着に手がかかった時点で震える辺りはまだ大丈夫かな(笑)

しかしここ最近の話は由紀-水面ちゃんの恋愛フラグが立ちまくっているなぁ。ひだりちゃんはもはや入る余地はないのかな?
でも女装由紀と水面ちゃんのシーンがやたら多いのもまた事実で、なんとも不思議な恋愛(?)関係だなぁと(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

アニメ感想「下級生2」「あたしンち」

【下級生2】

・ミラクルダイエッター、大山恵比子(井伏オキエ)・・・思わず「ガールズザウルス(西春 遥)かよ!」とツッコんでしまいましたがな(笑)
・千穂、堕ちるの早っ!先週まであからさまに不審人物扱いだった助清を、ちょっと告られただけでいきなりダーリン呼ばわりかよΣ(゚ロ゚)
 千穂は極端に押しに弱いタイプだったのか・・・棒読みCVの割には妙に気に入ってたキャラだったのでちょっとショックかも(しかもきっかけや相手がアレだけに(苦笑)


【あたしンち】

「みかんの日記」
・ひたすら「挫折の理由、くだらなすぎ(^^;)」と思いながら観てました(笑)
 結構雑な面をみせるみかんちゃんですが、こと日記に関してはデリケートすぎるなぁと(^^;)
・因みに私も過去に日記をつけてた事がありましたが、日記を書く際その日あった事を思い出す時、嫌な出来事まで思い出して再び鬱になるのが嫌で書けなくなりました(苦笑)

「夫婦の会話っ」
・タチバナ夫婦と番組進行のコントラストが上手くマッチしていて面白かったなと。
・まぁでもしゃべりたがりの母と無口な父だと、得てしてこーゆー情景になるんじゃなかろうかと(^^;)
・マダムバタフライ・・・笑えた。最初バッタバタフライかと思った(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

本日のつぶやき

・・・とゆーか、短文のボヤキっぽい近況(苦笑)

最近、仕事もプライベートも忙しくてネットへのカキコや更新作業がかなり疎かになってます。
さらに追い討ちをかけるがごとく、本日風邪っぽくなってきた模様(帰宅してからさっきまで寝てました)
書きたい事はいろいろあるも、書く時間がなくてただ時間が刻々とすぎていくうちにテンションが落ちて結局何も書けなくなっちゃうのがなんとももどかしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

アニメ感想「スクラン」

【スクールランブル】

うはははは(^^;)。原作知ってても面白いや~(・・・でも原作知らなかったらもっと面白かったんだけどね_| ̄|○)
今回はかなーり話が動きましたわね。つーか今回の話ってある程度今後の伏線にもなっていくしね。
やっぱりこの作品は基本はラブコメだなぁと再認識いたしました(笑)

とりあえず今回は
・播磨の沢近への愛の誤爆告白に爆笑
・天満ちゃんよりカレー、追いかけられない理由もカレーの烏丸の感性に爆笑
・原作にあった播磨の詩「君へ~風にのせて~」が一字一句間違うことなく忠実に歌になっているのに爆笑
 ガッシュの「無敵フォルゴレ」「チチをもげ」「ベリーメロン」なみにウケました(^^;)・・・つーかアレにメロディがつくとは思ってもみなかった(笑)
・姉ヶ崎ねーさんの「ちゃんとマンガ描くんだぞ」にもややウケ。やっぱり半分くらいは播磨のマンガ狙い?(笑)
・播磨を軽くあしらう絋子ねーさんにもややウケ。つっか絋子ねーさんは放任主義なのかよ(^^;)

あと沢近の赤面顔は原作以上に萌えだな~。堀江譲の声つきだから余計にかな(笑)
烏丸はあーゆー謎なキャラだから、この作品は面白いんだろうなぁ。アレでフツーの感性で天満ちゃんと両想いだったら、作品の面白さが半分くらいダウンしてたんじゃないかなと。


ところで来週のサブタイ・・・「奈良!」「烏丸!」「播磨!」・・・ってなんじゃそりゃー!(^^;)
つーか「本来なら奈良が主人公」ってそれは絶対ありえへんありえへんヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のつぶやき

・・・とゆーか、ごちゃまぜアニメ感想(笑)


・今週のアニメコナン、久々に平和(平次、和葉)コンビ登場でなんかすごく楽しんで見れました(^^)
金曜ロードショーでの去年の映画、アンコールSPを除くと、平和コンビの登場は今年初っ端の正月SP以来だからおよそ1年ぶりですか。長いこと出てなかったんだなぁ・・・(^^;)
まぁ楽しめたのは約1年ぶりの登場で新鮮味があったとゆーのもあるんだけど、なんつーか同じ関西人としてこの二人は妙に親しみをもっちゃうといいますか。もちろんコナン並に頭の切れる平ちゃんもカッコいいし。
あとは蘭ちゃんのおねだりに赤面のコナン君と和葉ちゃんの涙にハッとする平ちゃんが結構見所で(^^)

・・・しかし原作ではあった冒頭の探偵団の会話シーンがアニメではカットされてたのがなんとも(--#)


・日曜深夜はいつも「げんしけん」「東鳩」(と流し見程度で「うた∽かた」(苦笑)を観ていて、いつもはげんしけんの方が面白いんですが、今週に限っては東鳩の方が面白かったかなー。

「げんしけん」・・・斑目と咲の二人だけの異様な空間ネタがなんかこの作品らしくないというか、殆ど斑目の独り漫談に近い話だった感じで、内容的にはイマイチだったかな。

一方の「東鳩」はあかりとマルチの対決(?)シーンがあるわ、5年前の同シリーズではほぼモブキャラ扱いのレミィがいきなり告るわ(その前は琴音が告ったんだっけ)と、5年前には全くといっていいほどなかった浩之を巡る恋模様がめまぐるしく動いて観ていてドキドキさせられつつあります。
ただ委員長と来栖川姉の存在がイマイチ薄い感が・・・今後に二人にも見せ場はあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

アニメ感想「ボーボボ」「あたしンち」

【ボボボーボ・ボーボボ】

・相変らずオリジナルな粗筋紹介オモロイ(^^)
・ヘル・キラーズの2人、見かけは強そうだけどあまりに弱すぎ(^^;)・・・つーかこの作品にキャラの強い弱いの尺度はあってないよーなものなのかもですけど(笑)
・和佳奈スズの首領パッチ着ぐるみのくだり・・・普段がクールな声だけに「パチパチ」の声がえらいかわいすぎ(*´∀`*)。
 でもツッコミの声は相変らず苦しそうだけどね(^^;)
・その直後のビュティの「それだけはやっちゃダメ」・・・間が絶妙で大ウケ(笑)
・ラストはソフトンで締めますか。それにしても(外見はともかく(笑)ソフトンだけはやっぱりカッコイイだけに、彼が締めるとなんか話がすごい引き締まります(^^;)


【あたしンち】

「お手伝いの体制」
・確かに手伝いをさせようと思ったらそれなりの準備は必要ですわな。
・それにしても一般の主婦レベルとは到底思えない台所の散らかりようですな(^^;)
・風呂ソージにマスクはいらんだろ(笑)
・長いブラシはともかく、浴槽スリッパはぶっちゃけ確かにあまり役に立たないかも(^^;)
 私も風呂ソージする時は殆ど履いた事がありませぬ>浴槽スリッパ

「父の基準っ」
・せっかく綺麗に決まったかと思ったら、トイレつまりオチで全てが台無しって事で(笑)
・父の言い分ってある意味屁理屈に近いものが(^^;)


・・・そーいや「タチバナ研究所」のハガキは皆関東からだったなぁ
この辺枠移動の影響をひしひし感じました(;´A`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.01

本日のつぶやき

・・・ってゆーか先週末から今日までのつぶやきです(苦笑)。
なんか先週あたりから時間が思うようにとれなくなって、書きたくてもなかなか書くタイミングがなかったので(汗)。録画したアニメも裁ききれなくなってきてるし。

・本日はサンデーは「コナン」の新作映画、マガジンは「ツバサ」のアニメ化と共にネタにこと欠かさないですな。
・サンデー:コナン映画ポスター・・・「忘れはしねぇよ」ってあたかも蘭ちゃんがこの世からいなくなるよーな文字が非常に気になるのですが(汗)
・マガジン:ツバサのアニメは4月からNHK教育だそうで。「MAJOR」の後番かなーとも思ったけど、MAJORは全26話らしいので、時期的に多分違うでしょう(というかMAJORの後番だと種デスの裏番に(^^;)
・「こち亀」の後番はどーやら「ワンピ」の繰上げで、ワンピ枠には「平成教育2005予備校」とゆー以前やってた「平成教育委員会」の縮小版番組が始まる模様。
・「ガッシュ」「NARUTO」とも来夏第2弾の映画化という噂が。実現すれば来夏は「ハガレン」「ガッシュ」「NARUTO」の3本立てですか(苦笑)
・ヤングアニマル「ああ探偵事務所」・・・ラストの初コスプレにドキドキしている涼子ちゃんのが狂おしく素敵です(*´∀`*)
・ジャンプ「いちご100%」・・・ラストの東城の告白シーンがすごく絶妙すぎて悶えております(爆)
 上手いなぁこの辺。演技にもとれるし、撮影の中でマジで告っているようにも見えるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ感想「スクラン」

【スクールランブル】

今週はこれまでギャグを期待しながら観ていた人にとってはつまんなかったかな?
まぁでもスクランの実態はジャンル何でもアリ作品だったりするわけで、実はこれもスクランらしい内容なのです(笑)


・前フリ長っ!烏丸のキャラ変わりすぎ!(笑)
 しかしマンガなのに動画なのはこれまたいかに(ぉ
・原作当初に姉ヶ崎ねーさんを見たときは「なに、このキャラ?」とか思ったものですが、アニメにしてもやっぱり「なに、このキャラ?」でした(笑)
 フラれたばっかりでイキナリ逆ナンしますかフツー(^^;)。かと思えば播磨を家に泊めた割に誘惑が中途半端で、播磨に好意をもっているのかどーかもイマイチよーわからんホントに不思議なキャラであります(笑)>姉ヶ崎ねーさん
・Bパートはシリアスにもちこむだけもちこんで、一気にギャグに落としただけに爆笑度増(笑)。特に播磨の内股走りがもー最高~(^^;)
・でもCパートの河童オチはイマイチだったかなぁ・・・もうちょっと間がほしかったかな?
 つっか播磨の円形脱毛すごすぎ(^^;)


そーいえば天満ちゃんは私と誕生日が一日違いだそうで・・・今の今まで知らんかったですよ!
単行本には書いてなかったのでPrivate File本かOFFICIAL FILE本に載っているのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »