« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

アニ感「まなびストレート」

【がくえんゆーとぴあ まなびストレート!】
第1話以来感想を書いてませんが、一応毎週観ています。
セイントオクトーバーの方は3,4話見逃してしまいましたが(ぉ
つっか、その見逃した回に限ってようつべにアップされない(⊃Д`)

えっと、つまんなくはないけどすごく面白いわけでもないという、なんともビミョーな感じで話が進んでいるというか。
萌え系ドタバタコメディでくるのかと思ったら結構シリアスな要素を絡んできますね、この作品。
その萌え系だけどシリアスな作風が自分の趣味にイマイチ合ってないだけかも(ぉ

とはいえ、今回も含めてストーリー自体はいい話なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.27

アニ感「のだめ」

【のだめカンタービレ】
川澄のだめの甲高い声がちょっとだけウザくなり始めたかも・・・

ってか今回初登場のアフロオカマ(ぉ、中の人って桜蘭ホスト部の常陸院ブラザーズの片割れじゃないですか!Σ(゚□゚;)
最初聞いたときは男か女かわからんかっただけに余計に驚きましたですよ。
うわーすごいなー。あのホストぶりな声が微塵も感じられないっす(笑)

それにしてものだめも真澄も傍から見ると結構酷い扱い受けてる割に、へこんでいる姿がギャグにしか見えないのはこの作品の仕様ですか?(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

アニ感「ひだまり」

【ひだまりスケッチ】
はい、今回はシャフトらしい作りがいい面に出ましたですたね(笑)
これ御主メイド服ネタとかTV通販のベホイミネタとか恒例のタライネタetcの小ネタはニヤリとしましたですよ(´ー`)
TV通販といえば高木渉さんの声が聞こえてきましたですね。なんか無駄に豪華(笑)

まぁ今回は前回と比べて実写率も押さえ気味になったし、ようやくいい感じになってきたかなー。
それにしてもAパートだけとはいえ、吉野家先生存在感ありすぎ。多分アニメ版では吉野家先生が一番キャラが濃いんじゃないかと(笑)
4人だけのやりとりがずっと続くとマンネリっぽいので、要所要所でまた出てほしいですね。

しかしゆのタン起床シーンからスタートし、ゆのタンの風呂シーンで締めのパターンはもう今後も固定って事なのかな。
あと公式HPを見ると来週は結構原作ネタが出そうですね。楽しみ楽しみ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.25

アニ感「DEATH NOTE」「ネギま!?」「銀魂」

まぁ数を増やした分、内容はちょい手短に(ぉ

【DEATH NOTE】
思ったよりも早くミサミサが捕まってしまいましたですね。
これはひょっとしてもうじきL編が終了してニアメロ編突入フラグ?

しかしアニメで観るミサミサは原作以上にアホっぷりを感じて仕方ないんですが(^^;)


【ネギま!?】
唐突にネギ姉のネカネが登場し、いきなり黒薔薇男爵の正体までバレてしまったですわね。一体ネカネは何しにネギたちの前に姿をあらわしたんだろ(^^;)
つっか、正体のバレ方が剣に刺さったおでんって・・・(;・∀・)

まぁよく考えればキャストテロップに黒薔薇男爵の名前がないのは誰かの変装で、黒薔薇男爵CVが沢城みゆき嬢という噂とあわせれば容易に想像つく展開なんですが、すっかり失念してました(苦笑)


【銀魂】
劇中劇の「えいりあんvsやくざ」の力の入れように笑ってしまいました。いやーこーゆー所に必要以上に凝るあたりがこのアニメスタッフのいいところですね(笑)

さて本編は神楽パパ、星海坊主編突入で。この話は結構長いので、あと3週は続くかな?
星海坊主CVが思った以上に渋かったですが、台詞のノリは原作まんまだったんで安心して観れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.21

WHFにっき2

つっことで今日もWHFに行ってきました。
当初の目的はサンデー系のスーパーステージとサンデーブースのコナンステージだったのですが、結局 結界師ステージが終わる頃までいました(苦笑)

あーしかし今日は9時過ぎに海浜幕張駅に着いたのですが、さすがに朝は行列がすごかったですね(汗)
しかも並んで20分くらいは行列の進みが遅く 一体いつになったら入場できるんだろうと不安に思いましたが、その後はスイスイと行列が進みなんとか10時に入場できました。

んな訳で着いてすぐにサンデーのスーパーステージが開始。第1部はサンデースペシャルステージと題して結界師とコナンのCV陣が登場。
今回はやはり結界師プッシュ期間という事もあってか、先に結界師CV陣(吉野さん、斉藤さん)が登場、15分後にコナンCV陣(高山みなみさん、山崎和佳奈さん)登場という構成となりました。
しかし登場時に刀をブンブン振り回していた山崎和佳奈さんにはかなり度肝を抜かされましたですね(苦笑)。いや、今まで大人しめのイメージしかなかったので(^^;)

続いて第2部は妖逆門スペシャルステージ。実は事前にCV陣の出演情報を入手しまして、福原香織さんと茶風林さん目当てで見に行ったのですが、他の4人の声優さんも個性的でよかったです。
しかしまさか郷田ほづみさんが司会やられるとは思わなかったなぁ。

で、このステージはなんといっても生アフレコが印象的でしたね。
別のイベントで一度見た時もそうでしたが、声優さんの度量が最大限にアピールできる生アフレコはかなり感慨深いものが。
コナンとかもいつか生アフレコをやって欲しいものです。

あとは茶風林さんのキャラの濃さに笑ってしまったといいますか。今回初めて拝見したのですが いやーすごいですね、あの人のキャラは。
シークレットナイトでよく茶風林さんの名前が挙がるのがわかるような気がしました(笑)
その後 茶風林さんは勢い余ってコナンステージにまで飛び入り参加されまして、5分くらい濃いトークをされてました。いやはや、殆どの方々は突然の事で驚かれたのではないでしょうか。
・・・まぁ私もまさかコナンステージにまで顔出すとは思ってなかったクチなのですが(笑)

しかしそのコナンステージはさすがにネタが豊富といいますか、あっという間に時間が過ぎ去った印象があって司会のおねーさんが言うまで予定時間オーバーに気付きませんでした。
あとは人多っ!マジで多っ!(笑)。前回(去年の6月)ステージ自体がなかった反動か、なんかいつも以上にギャラリーが多かったような。

で、コナンステージの終わり間際にみなみさんの口からチケットの売り子をやろうかな発言が出たので、本来帰る予定を変更して結界師ステージでインターバルを置きつつちょくちょくチケット売り場を覗いておりました(笑)
そしたら発言通りにみなみさんと和佳奈さんがチケット売り場に登場!前日に既に買ってあるとはいえ 自分もチケット買おうかなーと思いましたが、行列がすごくて並んでいる間はお二人を拝見できない事とスタッフから余分な話は慎んでくださいと釘をさされたので、見ているだけに留める事にしました(苦笑)
ああ、でも合間に見た結界師ステージも面白かったですよ。なんつーか昨日見たときよりもテンションが上がっていたというか。

まぁそんな訳で結界師ステージ終了くらいに帰路につきました。
それにしても今回のグッズ販売場をみて思ったのが、ハヤテ系のグッズがすげー売れてるなぁと。
4枚組の描きおろしテレカはもちろんのこと、ノーマルのテレカ、クリアファイル、クリアポスターまでもが全て売切れですよ。しかも開場3時間で。
ひょっとしてハヤテ系グッズだけ入荷数が一回り少なかったとか?(ぉ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.20

WHFにっき

はい、そんな訳で本日WHFのサンデーブースに行ってきました。
早朝に換気扇の修理に立ち会った関係上、9時には家を出れる状況だったのですがちょっと横になってたらもう10時半過ぎてました(爆)
って事で、今回は(も(笑)ちょっと出遅れ気味のスタートと相成りました。

で、過去の事例から1時間くらい入場待ちの行列をくらう事が予想されたので、多分ケンイチステージの途中あたりからの参戦かな~と思ったら、もう驚くほどスイスイ入場できてケンイチステージどころかその前の結界師ステージの前半から参戦できました(^^;)
いやもうホントに驚きの一言。

それにしても司会のおねーさんも言ってましたが、今回のピックアップステージはホントに午後の部とは思えないほどギャラリー多かったですね。下手したら結界師ステージよりも多かったかも?
まぁその大半がハヤテのショートアニメ目当てだったんですが(自分含む(爆)


さて、内容について。
結界師ステージでは吉野裕行さんと斉藤梨絵さんがそれぞれ良守、時音コスで出ておりました(笑)
吉野さんの印象ですが、こんな顔の知り合いが2人くらいいたような(^^;)
今や売り出し中の結界師のメインキャストという事もあってか、かなり張り切って盛り上げていたように見受けられました。
・・・ってか次々ステージの結界師ゲームコーナーにも出ていたし(笑)。すごいなぁ。
明日も朝からスーパーステージ、結界師ステージとあるし、なんか馬車馬のように頑張っていますね(笑)
斉藤梨絵さんは吉野さんが目立っていたせいかやや大人しめのような。緊張していた感もあったかな?
それにしてもお二人とも、地声がキャラまんまでしたね(笑)

続いてのケンイチステージでは川上とも子さんが登場。なんかすっごいステージ慣れしている感を受けました・・・ってか以前うえきの森あい役で2度ほど出ていたっけ。
ここのステージではなんといっても出演CV陣のビデオメッセージが凄かったですね。改めてみるとホントにおっさん、おじいちゃんな方ばっかりだ(ぉ
特にアパチャイCVの石丸さん。どー見ても60代のおじいちゃんにしか見えないのになんであーゆー高い声がでるんでしょうか(^^;)
あとは川上さんと格ゲー対決コーナーがあって、川上さんに負けたお子ちゃまがすごい呆然とした顔をしていたのが忘れられません(ぉ
・・・いや、自分も川上さんは負けるだろうと思っていたのですが(笑)

あとはピックアップステージのハヤテショートアニメ。
既に先週末にようつべで観たのですが、改めて生でみるといろいろ小ネタがばら撒かれているのに気付いて(ハヤテが治している銅像がコナンだったり、サブキャラ総登場カットにドロシーが出てたり)このスタッフは期待できそうだなと(笑)


さて、明日はちょっと気合入れて早朝から行ってみようと思いまする。運がよければピックアップステージでもう一回ハヤテのショートアニメが観れるかな?(´ー`)
まぁ午前中で帰る予定ですが(ぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

アニ感「ひだまり」「のだめ」

【ひだまりスケッチ】
うわー・・・カット割りムッチャ早っ。
いい意味でも悪い意味でも先週以上にシャフトらしい作りで(苦笑)。つっか、ぱにぽにOP風っぽい感じかな。
それにしても今週は実写カットがすげー増えたような・・・でも、へちょ絵も増えた点では原作っぽい作画でもあったしプラマイゼロかな。

先週でなんとなくこのアニメの楽しみ方がわかってきたので、今週は割と楽しめたかな。ストーリーも先週以上に原作に忠実だったし。まぁあとは宮タンCVにもうちょっと元気があれば(苦笑)
でも大家さんの出番を削ったのは少々まずかろうて(:´A`)

あと桃月新聞とか宮田ダムとかビミョーにぱにぽにネタが出てましたな(笑)
こころなしか沙英CVが宮田っぽく聞こえたような・・・つっか、ここまでの沙英CVはどうも新谷色が強くてイマイチピンとこない(汗)。
もーちょっとツッコミにキレがほしいところですな。


【のだめカンタービレ】
エレキバイオリンに笑った。つっか、すげぇ(笑)

原作では峰の登場で面白くなり始めたとの評ですが、正直あまり空気が変わったって印象はなかったかな。
つっかエレキバイオリンのインパクトが(ぉ

初回は萌えっぽいCVなのだめでしたが、今回は奇声がすごかったです。これが本来ののだめって奴ですか?(笑)
すごすぎて一転ドン引きしそうな勢いだったなぁ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

マンガの話とか

本日買ったコミック
去年のイヴに携帯を買い換えたので前よりもかなり解像度良です(笑)

Sa0701141Sa0701142






1枚目:コナン(56)、真説ボボボーボ・ボーボボ(3)
2枚目:24のひとみ(2)、ウミショー(4)、いぬばか(4)

今回の並びは結構テキトー(笑)
コナンの56という数字にすごい突出感が(^^;)


ところでWHF大阪会場でハヤテのサンデーCM劇場が流れたそうで。
となると多分明日の結界師、コナン中に流れるCMはコレになりそうですな。
つっか、ショートアニメ含めて もうようつべにうpされてるんですが(笑)
サンデーCM劇場ショートアニメ

とりあえずショートアニメを観て

ハヤテ:どう見ても白鳥(byまほらば)
ナギ:やっぱり釘宮なナギでした
マリア:ちょっとビミョー
ヒナギク:まぁこんな感じじゃないかと
ナレーター:若本爺を使うのはベタだと思います(笑)

あとヒムロと雪路が出てたようですが、中の人が誰か判別できません(爆)
巷では鳥海浩輔と生天目仁美じゃないかという推測だそうですが。

それにしてもサンデー絡みとはいえサンデーCM劇場にショートアニメの抜粋版を流すとなると、どう考えてもオンエア局は日テレ系しかありえないような気が。
それともショートアニメ含めて本作アニメとは別物?・・・んな訳ないか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.12

アニ感「ひだまり」「のだめ」(共に新番組)

お、よくよく考えてみるとどっちも芸術系のアニメだ(笑)


【ひだまりスケッチ】
原作が好きで今期改編アニメでは一番楽しみにしていた作品ではありました。

ですが・・・なんつーか、ユルユルまったり系というよりかはダラダラ感が否めないというか(;´A`)
とにかくテンポが悪い。最初から30分間同じ雰囲気で強弱がないままダラダラ進んでいる感がして、観ててやや退屈感がしたような。
第1話を観た感じではあまり原作ネタを使わずオリジナルパートが多いのですが、その原作ネタを殆どストーリーの進行要素としてしか組み込まれてない感じでオチがオチでなくなっているというか。
さすがのシャフトも4コマ原作の脚本は苦しいのかなぁ。

作画の方はまずまずですが、キャラデザがどうにもしっくり来ず。まぁこの辺は当初からこんな感じだから割り切るしかないか。
CV陣はゆのタンと宮タンがビミョーだったかな。いや、お二人とも下手ってレベルじゃないけど、マッチしているかと言われるとこれまたビミョー(汗)

まぁ要するに(自分的に)原作のいい所があまり表現されてなかったって事で(;´A`)
ネギま同様、原作のイメージをデリートしたほうが楽しめるのかなぁ・・・

ただ、相変わらずシャフトらしい演出はいいかなと。OPも割といい感じだし。
あと作者CVから始めたスタートには笑いました(笑)


【のだめカンタービレ】
アニメを観る楽しみを損なわないために敢えてドラマ視聴を避けて、満を持して視聴にのぞんだ同作品。
世間での評判はよく存じているだけにある意味これも期待作でありました。

で、こちらの方は素直に面白かったです。まぁこーゆー作品は音が結構重要要素なのでメディアにした方がその威力が存分に発揮されるかなと。
特にのだめCVの川澄嬢のマヌケ演技がバツグンによすぎ(笑)。あーいいわ、こーゆー天然系キャラ。
千秋CVの関さんも雰囲気が出ていたしツッコミ役がこなれていていい感じでした。
今後がヒジョーに楽しみになってきましですよ(´▽`)

あとOP、EDは歌詞なしのクラシックでくるかなーと思ったら割とフツーでしたね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.10

改めて「ハヤテ」アニメ化決定!

まぁそんな訳で今日発売のサンデーで正式に「ハヤテのごとく!」のTVアニメ化が告知されたようで。
つっか畑先生、公式発表された途端にリミッターが外れたように情報もらすもらす(笑)

主に気になった点として

・今度のWHFでアニメのプロモーション映像が流れる(しかも6分って(^^;)
・来週1月15日(月)放送の結界師と名探偵コナンのオンエア中のCMになんか流れるらしい。

・・・ん?って事はオンエア局は私の予想通り日テレ?
あ、私の予想は結界師の後番だっけ(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.08

アニ感「まなびストレート」(新番組)

【がくえんゆーとぴあ まなびストレート!】
冒頭の二人の会話を聞いていると、どうにもまき絵、木乃香(byネギま)と被ってしまうのですが(苦笑)

えーと、原作は未読なのですが、とりあえず期待通りのロリ萌え系ドタバタコメディーですね。まぁ堀江嬢と野中嬢を使ってきた時点である意味鉄板な気もしますが(苦笑)
それにしても藤田咲嬢の役どころが予想以上にかわいかった。いや、期待通りといった方がいいかも。

そういや久々に林原閣下の歌が流れましたですね。
正直、こーゆーロリ系に閣下の歌が合うんだろうか・・・って気もするEDでありましたが、OPはどうでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.07

アクセスカウンター設置しました!

はい。てな訳でアクセスカウンターを設置してみました。
一昔前なら有料だったアクセス系ツールもアクセス解析が無料になり、そしてカウンターまで無料になるという私には非常に都合の良い展開になりましたな(笑)

あ、アクセス数は06年5月18日からスタートしております。開始して1年経ってないのにもう30000オーバーだなんてHP時代ではありえない数字ですわね(苦笑)

因みに今日(07年1月7日)までで一番アクセス数が多かった日は06年7月9日(日)の436アクセスです。
この辺りにアップされた記事というと、「つよきす」第2話 「となグラ!」第1話オンエアの感想ネタとコナンのドラマ化決定ネタですわね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニ感「セイントオクトーバー」(新番組)

【セイントオクトーバー】
今冬改編では1発目かな。
当初視聴の予定にはなかったので、とりあえずお試し視聴。

歌詞を映像の中で弄り回すOPは斬新でよかったけど、あとは可もなく不可もなく。
まぁ内容自体プロローグっぽい感じなので、これからってところでしょうか。探偵らしい活躍もまだないし(笑)

あと、小十乃の中の人はマイメロで長い事レギュラーはってる割に所々で棒気味にだったのがちょっと気になったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

アニ感「ネギま!?」

【ネギま!?】
新年1発目に観たアニメです。
やーしかし4日の5時からやるとは思わなかったなぁ(苦笑)

で、前の回からネギがチュパカブラ(?)にされたのですが・・・なんつーかネギが魔法使えないとキャラの動きが極端に落ちるというか・・・実質戦力になっているのはタカミチとエヴァ、茶々丸だけだし。
マンネリ打破でネギをチュパカブラにした結果、殆どのキャラが動きようがなくなってかえって裏目に出たって感じでしょうか。

んで元に戻す方法が作中でも言ってましたが、安易なクラスメイト全員仮契約・・・
なんていうか作画面が良いだけに余計にストーリーの拙劣さが目に付きますね(:´A`)
ちゅーか、バトルモノになるとネギの依存度が高すぎて3-A連中の見せ場に多大な影響を及ぼしますな(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

2006年を振り返って

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくです。
てなわけで、2006年も終わったので早速2006年を振り返ってみますか(笑)


・いろんな面で区切りの年だったかな。公にした部分だとネット10周年とかコナン10周年とか。
 あとややストレスが多かったような気が(汗)。しかも仕事じゃない方面ばかりで。
 仕事のストレスなんてこれの何分の一くらいなんだろ・・・


・アニメ・・・個人的には「銀魂」がぶっちぎりだったような。
 原作のぶっとんだノリをCV陣を含めたアニメスタッフがよーく理解して忠実に再現し、なおかつオリジナルはそれ以上にぶっとんだ内容(主にパロネタですけど(笑)に仕上げた手腕はまさしく賞賛の一言かと。
 つっか、かなりヤバそうな台詞も殆ど変更することなくそのまま流してしまう辺りはもうスタッフ冥利に尽きますね。

 作画も特に目立った崩れもなかったし、あまり順位付けをしない私なんですが2006年はこの作品がまぎれもなく1位ですね。
 ぶっとんだノリといえば涼宮ハルヒもぶっとんでますが、こっちはぶっとび方がイマイチ面白さに繋がらなかったような・・・

 あと2006年スタート組に限ると「かしまし」「REC」「スクラン二学期」「涼宮ハルヒ」「桜蘭ホスト部」「無敵看板娘」「貧乏姉妹」「すもも」「ときメモOnly Love」「DEATH NOTE」あたりが上位ランクかな。

因みに2chでやってた今年最高だったアニメを決めようかスレのベスト5はこちら
・涼宮ハルヒ
・N・H・Kにようこそ
・コードギアス
・桜蘭ホスト部
・銀魂

コードギアス以外は全部観ました。まぁそのコードギアスも3話までは観ててこの3日間でコンプする予定ですが(笑)
N・H・Kは意外に評価高かったなぁ。私的には作画を含めてイマイチだったけど。


・マンガ・・・2006年発掘ものだと「ひだまりスケッチ」「WORKING」「咲」「24のひとみ」「メイドをねらえ!」「ユリア100式」「DMC」「とらぶるクリック」「仮面のメイドガイ」「巫女姉妹」辺りがよかったかな。
 でも2006年も前年同様終わった作品のインパクトが強かったような・・・ざっと思いつくところで「フルバ」「げんしけん」「まほらば」「貧乏姉妹」「えこといっしょ」「たんぽ」etc(後になるほどマイナー(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »