« 2016年を振り返って | トップページ

2017.05.02

映画コナン「から紅の恋歌(ラブレター)」

公開2日目に観に行ったのですが、その時のコンディションがイマイチで集中力欠いてた事もあったので 初回鑑賞後に感想を書くのは見送り、2回目の鑑賞をした本日にようやく感想アップと相成りました。
で2回目を観に行ったら案の定初回で見落としてた箇所多数ありまして、その判断は間違ってなかったなぁと(^^;)

ではとりあえず以下感想をづらづらと。

---------------------------------------------------------------------------------------------

推理要素がほぼ皆無な前回とはうって変わって今回は推理要素濃いめでしたね。
今回の脚本がミステリー小説家さんで脚本の経験があまりないということでやや不安でしたが、推理パートがよく練れていたと思います。
今回は監督曰く原点帰りということですが、推理要素に関してはまさしく原点帰りだったと思います。

アクションに関しては静野さんが監督になってから毎回序盤に見せ場のアクションパートが入ってくるのですが、今回の序盤のアクションはラストに持ってきてもよくね?と思えるほどクオリティが高かったですね。
なんというかアクション視点からいうと序盤なのにもう終盤のような空気になったというか(苦笑)
とはいえ、終盤の見せ場が霞んでいたわけでもなかったのでその辺はさすがだなぁと。
ただ皐月堂でのくだり・・・エレベーターでのコナンが救出するシーン、平次和葉の脱出シーン共 視覚表現的にどういう状況なのか分かりづらかった(というか把握できなかった)のがやや残念だったかなー。
(平次和葉の脱出シーンなんて川に潜ったと思ったらいつの間にか崖から落ちそうになってましたし)

あと今回はラブコメということですが、あんまりニヤニヤするようなラブコメじゃなかったかな。
どちらかというと和葉のライバルキャラ紅葉の紹介回という印象が強かったです(原作で殆ど触れられてないキャラなのでしょうがないですが(^^;)
しかし平次との馴れ初めもバッチリ描写されていてこれってほぼ原作の先取り(というかネタバレ?)という感じなんですが、原作ひいてはTVシリーズの紅葉はどういう扱いになるんだろう・・・(ついでに伊織さんも)

今回のゲスト声優さんは吉岡さんの台詞の多さにビックリしました。ってか結構重要なポジションのキャラですよね?(^^;)
宮川さんともども演技はやや棒っぽい感じでしたが、割と頑張られたんじゃないでしょうか。


あとは箇条書きで小ネタを。
・哀ちゃんが完全に解析係と化してたのが何とも(汗)。今回は事件現場にもいなかったし。
 まぁ組織ネタも赤安達に見せ場を取られちゃった感じだし、もう映画の題材になる哀ちゃん絡みのネタはないんだろうなぁ。
・新一の台詞ってビッグベン回想のアレだけ?(^^;)
・百人一首を題材にしていることもあってテロップが和風演出になっているのにこだわりを感じました。
・日売テレビの時のコナンも皐月堂の平次も無謀な脱出劇はともに届かずw
 つか平次も言ってたけど川といえどあの高さが落ちたら無事で済まなかったんじゃないかと。
・初対面の紅葉に対して平次がいつの間に呼び捨てにしていた呼び捨てにしていたことにちょっと違和感w
・平次も静華さんもカルタが上手いってのはなんか後付け設定感が(^^;)
・来年は安室さん?去年組織ネタやったのでジン達は出てこないと思いますが、異次元の狙撃手の世良ちゃんのようにコナンのパートナーポジンションかな。

|

« 2016年を振り返って | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36584/65227179

この記事へのトラックバック一覧です: 映画コナン「から紅の恋歌(ラブレター)」:

« 2016年を振り返って | トップページ