« 12/31の出来事 | トップページ

2019.01.01

2018年を振り返って

さて、2018年も終わりましたし恒例の前年(2018年)振り返りをば。


2018年は前年(2017年)以上に良いことがあってもその後に喜びを半減させる出来事発生パターンだったような(苦笑)
つうか期待外れの年と言えるのかもしれません。

あと後々振り返った時にターニングポイントになりそうな年でもありました。
特にアニメ関連では明確に自分の感性と世間の感性のズレを痛感しまして、長い間こういう事を考えたこともなかったのですが(自分好みのアニメが売れそうにない→作られないという意味で) 近い将来アニオタを卒業する時がくるかもなぁと少し思ってた時期がありました。
まぁ2019年も自分推し原作のアニメ化が多いので少なくとも今年はそんな未来にはならないとは思いますが。


マンガ系は夏あたりからアニメ化絡みの影響もあってきらら系からラブコメ系にシフトチェンジしつつある感があります。
とはいえ熱的にはって意味で自分の中で琴線に触れる作品は相変わらず読んでいますがw

新規発掘モノだとトニカクカワイイ、男子高校生を養いたいお姉さんの話、お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない、アリシアさんのダイエットクエスト(今月終わるそうですが(汗)、精霊さまの難儀な日常、放課後すとりっぷ、メイド・イン・ひっこみゅ~ず辺りかなぁ・・・
ここ3年と比べると少しピークダウンした感はします。


アニメ系はオンエア前から推し系だったスロウスタート、こみっくがーるずとあそびあそばせのトップ3かな。
この3作品だけは毎話繰り返し観ていましたw

あとは銀魂4期、ポプテピピック、三ツ星カラーズ、斉木楠雄2期、ミイラ、たくのみ、博多豚骨ラーメンズ、ハクメイとミコチ、ゆるキャン、ヒナまつり、ラストピリオド、鬼灯2期、ルパン5期、グラゼニ、ヲタ恋、ティラミス、ぐらんぶる、ゴクドルズ、邪神ちゃん、ヤマノススメ3期、異世界魔王、音楽少女、転スラ、でびどる、とな吸、ウザメイド、本田さん、ベルまま、ミリオンアーサー、色せか辺りが上位作品でしょうか。

|

« 12/31の出来事 | トップページ

コメント

すみませんもし今度好事家の世迷言のりえさんと交流が出来るようでしたら笑ゥせぇるすまんのカラオケ症患者とチャットルームの王様とめざめすぎた男をオススメしてくれないでしょうか?メールでも反応がしてくれないのです。

投稿: カイサ | 2019.01.20 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36584/67545292

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年を振り返って:

« 12/31の出来事 | トップページ